話し合いの大切さ

話し合いの大切さ

 ウチには子供はいません。浮気の相手はどうやら職場の同僚のようです。

 探偵や弁護士は使いません。シラを切るということが夫にとって何を意味しているのかを考えます。浮気をしてもシラを切るのはよくあることだと思いますが、妻と離婚をしたくないためか、単純に怒られたくないのか、隠れてまた浮気相手に会うのかによります。とりあえず第三者を使って問い詰めることはしません。

 まずは話合いをします。怒ったり暴力はしません。それよりも悲しいほうなので。なので、こちらが浮気したことに対して怒りを抱いているというような態度は取らず、相手が話しやすいような雰囲気にします。何故浮気をしたのかの理由によります。相手が可愛い・綺麗・若くて思わず釣られてしまっただとか、私がフォローできなかった面を彼女に支えられて性格面で傾いたのか、流されたのか・それとも自分に飽きたのか。色んな理由があると思います。

 放っておきます。妻がいることを知った上でも夫と関係をしたのだから、注意したところで怯んだりしないような相手なのでしょう。ただ彼女が遊びではなくて、本気で夫のことを好きだったりした場合は少し考えてしまうかもしれません。でも会いたくはないですね。

 慰謝料の相場がわかりませんが、半年分の給料は欲しいところです。慰謝料をもらう時点で離婚が成立するということなので、その給料で自分は職探しや生活をしなければなりません。年収が400万だとしたら200万は必要ということです。

 子供がいたら離婚しないと思います。辛いですが。やはり女性1人に子供を連れて育てていくのは今の時代大変だと思います。母親が働くことに集中すると子供のことを見逃す面があるかもしれません。これは私が母と仲が良いからそう思うのでしょう。子供がいなかった場合は別れたいと思ってしまうかもしれませんが、恋人と夫婦は違うので本当に離婚していいものなのか安易に決めるべきではないと思っています。恋人の場合は絶対に別れますが、夫となるとやはり話合いをするでしょう。

 夫婦だろうと他人です。自分とは違う価値観や考え方を持った人間です。なので頭ごなしに怒るということはできません。元々浮気体質の人を夫にしようとは思わないので、自分が信じた相手が浮気をしたとしたらそれは裏切られた云々よりも何故そうしたのかを知りたいというのが一番です。感情的になるよりも、長く暮らすうちに夫を粗末にしていなかったかなど自分自身も反省すべき点があったのではないかと考えると思います。

↑ PAGE TOP